MONO LIFE | モノに囲まれた生活をもっと豊かに

たくさんの「モノ」に囲まれた時代だからこそ、あなたに最適な「モノ」を紹介します。

*

知っておくと使える!LED電球の選び方

      2015/11/04


みなさんは、家の灯りが切れてしまったとき、家電量販店や電気屋さんに走った覚えはありませんか?

けれど、そんなとき、店員さんに聞かなければどれがいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

売り場に行くと数多く並んでいるLED電球。そもそも一体、このLED電球とはどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

LED電球ってなに?

よく聞くLEDという名称。今さら聞けないこの電球には、どんな特性があるのでしょうか?

LEDは「Light Emitting Diode」の頭文字を取ったものです。日本語では、「発光ダイオード」などと呼ばれます。

従来の白熱電球に変わる、省エネ、長寿命の電球として登場して以来、広く普及しています。

その寿命は、白熱電球の40倍!

白熱電球は約1000時間のところ、LED電球は約4万時間も持つのです。

ここまで長いと、10年間は交換の必要がないので、長時間つけっぱなしにしたいところの電灯や、高いところにあって電球の付け替えが大変な場所に向いています。

また、省エネ効果は、その光源の特殊さからきています。

LED電球の発光のしくみは、通電すると光る半導体であるため、従来の白熱電球と比べて、ほとんど熱が必要ありません。これが電気代が安く済む理由です。

 

LED電球の選び方

では、LED電球を実際に選ぶときには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

色々な要素があるので、ひとつひとつ確認していきましょう。

口金

まずは肝心のサイズから。電球用ソケットのサイズをよく確認して、最適な口金を選ぶようにしましょう。

1 2

 - その他